はまたまぶろぐ(仮)

野球ネタを中心に、他好きなこと、気になったことを自由にまとめています.。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a71b328d

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 08:11:23.32 ID:XmPEZ6vs0.net
    DeNAの来季の二遊間を、グリエル兄弟が守ることが現実味を帯びてきた。兄のユリエスキ・グリエル内野手(30)に加え、弟のユニエルキス・グリエル内野手(21)とも契約合意に達しているが、弟の打撃の評価が急上昇。
    高田繁GMは25日、遊撃手の弟について「大学卒のドラフト1位くらいの力がある」と太鼓判を押した。

    当初、弟は2軍で育てる方針だった。中畑監督は「守備に関しては兄貴の何倍もいい。ただ打ってナンボだから」と話していた。しかし、その打撃が向上。キューバ国内リーグで打率・315、6本塁打をマーク(24日現在)。
    27日から行われる球宴のファン投票では野手部門のトップで選出された。
    三浦も「グリエルから『弟の方がすごいよ』と聞いたよ」という逸材。期待は膨らんでいる。
    http://www.daily.co.jp/baseball/2014/12/26/0007612757.shtml

    引用元: ・高田「グリエル弟は大卒ドラフト1位くらいの力」

    【高田「グリエル弟は大卒ドラフト1位くらいの力」】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 02:51:29.65 ID:f6MxwWXu0.net
    ブログの画像もあるわすまんな
    1997年 no title

    1998年 no title

    1999年 no title

    2000年 no title


    引用元: ・小笠原道大内野手の顔の変遷wwwwww

    【【画像】小笠原道大内野手の顔の変遷wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    0c9d1861

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 06:24:31.74 ID:hNPjdMrK0.net
    ロッテと日本ハムは25日、ヤクルトにFA移籍した成瀬善久投手(29)と大引啓次内野手(30)の補償について、
    両球団ともに人的補償ではなく金銭補償を求めることを発表した。
    ロッテには成瀬の今季年俸1億4400万円の60%の8640万円、
    日本ハムには同7000万円の60%の4200万円が支払われる。

    日本ハムの山田GMは「球団の方針として欲しい選手がいなかったので人的補償はなしです」と説明。

    また、両球団から人的補償ではなく金銭補償を求められたことについて
    ヤクルトの松井優典編成部長(64)は「喜ぶべきか悲しむべきか…」と複雑そうな表情を見せた。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20141225-OHT1T50250.html

    引用元: ・ヤクルト人的補償なし 「喜ぶべきか悲しむべきか…

    【ヤクルト人的補償なし 「喜ぶべきか悲しむべきか…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    48af8afc

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木)20:05:18 ID:JQq
    どうしてもそう思えないので検証してみる
    まずは通算成績

    打率.272 525本塁打(歴代5位) 1530打点(歴代6位)

    立派なもんである

    引用元: ・清原は本当に無冠の帝王なのか?

    【清原は本当に無冠の帝王なのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    vh4x2RH

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木)14:38:40 ID:A5T
    今年のはませんでの「暗黒時代は下園の選球眼でポジっていた」という発言が一部で取り上げられたことは記憶に新しい
    本来この言葉は「かつては下園の選球眼程度しかポジることがなかった」という横浜の闇の深さを例えた意味だったのだが、転じて最近はこの言葉や下園自身を「暗黒の象徴」とみなす考えも見受けられる
    今季も二死一二塁で一塁牽制死や凡フライ落球などのプレーが相次いだ事もこの考えを広めている原因だろう
    しかし今年の下園は代打打率.231(39-9) 本塁打1 打点5 出塁率.362と比較的優秀な成績を残し、終盤には左の代打の切り札として定着した
    そこで今回はかつてレギュラーを掴み、一部のファンから「鈴木尚典の後継者」とまで呼ばれた下園辰哉外野手が2007年に入団し、15年度シーズンの契約更改を終えるまでを振り返ってみたい

    引用元: ・下園辰哉外野手のこれまでを振り返ってみる

    【DeNA・下園辰哉外野手のこれまでを振り返ってみる】の続きを読む
    Powered By 画RSS

    このページのトップヘ